This page:賃貸アパート・賃貸マンションお部屋探しのコツQ&A TOP > お部屋探しのコツ > 部屋主について

部屋主について

部屋に住むヒトは全員同じタイプなのか?違いますよね?そしてマンションやアパートのタイプもいろいろと違うわけです。普通の賃貸マンションから最近流行りのウィークリーマンションやマンスリーマンションについても解説。

学生のお部屋探し

大学に合格

大学への合格とか決まった後、新入生として地方から
出て来る学生さんも多いと思うのですが、そういった若い学生さん
たちに対してのアドバイスや注意点はありますか?

うーん、実は学生さんたちって難しいんですよね。
何が難しいというと「選んでいる余裕が無い」んですよ。

たとえばいまこの話をしている近くの某大学とかもそうですが、
前期試験を合格して受付までがすぐなんですよ。
後期試験のヒトとかだと、ホント数日とか無いことも普通で
選んでいるヒマが全く無いんです(^^;

だからいちおう不動産業者ごとにブースも持っているけど、
ほとんどみんな大学生協からの斡旋で決めている。

期限が無いから、大学に受かった子も親もよっぽど拘りが
無い限り「そこでいいです!」ってなりますからね。

以上のようにホント時間が無いんです。

さらに合格してから土日なんて一回ぐらいしか無いんですよ。
そしたら大体みんな親と一緒に見に来るから、
親が仕事休みのその土日にイッキに集中するわけです。

一日で300人とか平気で来ますからね(^^;

その中でも注意しておきたいアドバイスで言うと、
女の子はやっぱり防犯設備がしっかりしている部屋が
いいですよね。

オートロックがあったり、インターフォンがあったりとかね。

トイレが共同とか昔の貧乏学生が住んでいるような
アパートとかは、いまではもうほとんど無いと思いますが、
そういったトコロはやっぱり人気がありません。

無職でも住める?

無職の男性

部屋を借りるとき「自分自身の信用」という部分が
重要になると思うのですが、無職でも部屋を借りることって
可能なんでしょうか?

無職でも部屋を借りることは可能です。
これから勤める予定が決まっているヒトは、
OKとなるケースが普通に多いです。

そうじゃない場合となると・・・
これは話す前にしっかりと聞いておいて欲しいのですが、
「ケースバイケース」になるということを覚えておいてください。

物件によって全く変わってくるということです。
たとえば個人のおじいちゃんが家主だったとして、
そのおじいちゃんに話をしてみて「いいよ」って言えば
それで成立するわけです。

ただ、いま一般的にほとんどの物件というのが、
昔ながらにおじいちゃんが直接、家主をしているわけじゃなく、
建物を建てるときから違う業者に任せてしまうケースが
増えてきています。

そのことを「転貸(てんたい)」と言います。

おじいちゃんはその土地や家の所有者だけど、貸しているのは
その間に入っている業者となるわけですね。

そうなると、審査基準もおじいちゃんじゃなくて、
その業者になるわけですから無職のヒトはかなり厳しくなりますね。

ただ、ウチの地域はぶっちゃけ賃貸が過剰供給ぎみなんです。
バランスが崩れて、値崩れも起きてきているし、
家賃が取れないことで貸しているほうも非常に困っている。

そういった面で貯金をキチンと持っているかどうかの
確認が取れるとカンタンに入れてくれることも増えてきました。
通帳の残高を見せたりとかですね。

このように地域によっても有利、不利があると思いますが、
どちらにしろ普通に働いていて安定した収入がある人間よりは、
探すのが苦労することは間違いありません。

外国人でも問題ナシ?

外国人

外国のヒトだとダメとかそういったことはありますか?

そうですね・・・決して差別的な意味を込めている
わけじゃありませんが、残念ながらほとんどの物件が厳しい。
99%がムリです。100件あったら一棟ぐらいですね。
入居することが出来るのは。。。

外国人が入れる物件というのは、その国のヒトに対して
家主が友好的というパターンなのですが実際にはほとんどありません。
あとは普通に入居者が少なくて困っているから
仕方が無く入れるパターンですね。

ローンを組んでまでアパートやマンションを建てたのに、
入居者が集まっていなくて焦っている家主もいますからね。
そういったときは好き嫌いは言ってられない。

それらとは全く違って、外国人でも喜んで部屋を貸してくれる
パターンがあります。

それは外国人の代わりに会社が賃りてくれるケースですね。
たとえば某自動車会社が外国人を大量に雇いたいから、
ウチが払うから入居させてくれとかですね。

それだと、家主としても万が一何か問題があった場合でも
その会社が責任を取ってくれるから安心なわけです。

なんで外国人というだけでダメなのでしょうか?
差別じゃなければ、その原因は何ですかね?

外国人が家主から嫌がられる最大の理由は「文化の違い」です。
夜でも普通に騒いだり、軽くなら車をぶつけても平気な国の
ヒトも居ますしね。

その中でも特に多い悩みとして「食べ物の処理」があります。

外国人のヒトは日本よりも脂っぽいモノを好んで食べる
わけですが、そのときに使った廃油などをそのまま流して
配管が詰まってしまったりするんです。

専門に作ってないから当然ですよね?

そしてゴミのルールなども字が読めなかったりして、
守れなかったりするので、市役所も持って行ってくれない。

そうするとそのアパートやマンションがどんどん
荒れ果てていくわけです。

だから大きなポイントとして「日本語が話せるかどうか」
ってのがありますね。日本語さえ通じれば、注意することも
出来るし、ゴミ出しも改善することが出来るからです。

そうじゃなかったら、たまに外国人専門で貸している
トコロもありますが田舎になればなるほど見つけるのは
なかなかタイヘンだと思いますよ。

部屋を事務所にするのはOK?

事務所

アパートやマンションを会社の事務所として使うのは
OKなんですか?それともやっぱりダメなのでしょうか?

結論から言うとOKです。もちろん全てのアパートや
マンションがOKというわけではありません。
そこを貸している家主がOKと言うかどうかですね。

実はそういった相談はけっこうあります(^^
事務所といっても「仕事の内容」によって変わりますね。

たとえば家の中でパソコンを使った仕事とかなら
大体OKなんですが、ヒトの出入りが頻繁に行われるような
仕事であれば、断られるケースが多いです。

周りに住んでいるヒトに迷惑がかかるから、
他できちんとした事務所をかりてくださいってね。

別にパソコンの仕事じゃなくても、ヒトの出入りさえ
少なければ交渉次第でOKになることは多いです。

ただ、最初に戻りますが、基本的には家主の判断ですし、
ダメなところはダメと普通に言われます。

もっともサイアクなのは、事務所として使うことを
何も言わずに入居してから、事務所として部屋を使ったりすると、
これはトラブルの原因になりますね。

家主とも近隣に住んでいる方ともトラブります。
あらかじめ最初から言っておかなくてはいけません。
その部分だけは気をつけましょう!!

あと、普通はやっぱり「家として」というのが
アパートやマンションのあり方だということも
しっかりと覚えておいてください。

ウィークリーマンションについて

ウィークリーマンション

テレビのCMでも頻繁に目にしますが
ウィークリーマンションとかマンスリーマンションって
ズバリどう思いますか?

うーん、ひと言で言って建てすぎ?
まぁ、それは別に良いのですが・・・(笑)

なんだかんだ言っても「料金が高い」ですよね。
ウィークリーとかは賃貸じゃなくて、どちらかというと
旅館業法に近いんですよ。

おそらく二通りのパターンでやっていると思います。
不動産業のメリットと旅館業法のメリットを
兼ね揃えています。

そのことから、お客さんにとっては、ウィークリー、
マンスリーと選べるメリットがあります。

それを踏まえたうえで二ヶ月、3ヶ月住むのであれば、
・・・うーん、微妙なトコロですが半年住むのであれば
賃貸のほうが優秀だと思いますよ。

冷蔵庫や洗濯機といった家具が全てそろっていて、
何も要らないと言っても、掃除の費用とかは負担している
と思いますしね。

家具が何も無い状態でも一日単位で見たら、
はるかに高いわけですから、半年分の差額などを考えると
安いモノでも買い揃えていくことができるかな・・・と。

それらは自分のモノなので資産として残りますしね。

ただ、仕事の出張などで一週間どこかのビジネスホテルに
泊まるのとかを考えるとやっぱり便利です。

以上のことからウィークリーマンションだから
ダメだとか良いとか言うよりも、自分自身にとって
どちらのほうが良いのか?が全てですね。

デザイナーズマンションってどう?

デザイナーズマンション

テレビの影響なのか、デザイナーズマンションとか
オシャレで派手な造りのマンションやアパートも増えているけど
住み心地や人気の面ではどうですかね?

やっぱりそういったマンションを希望するお客さんは多いです。
見るだけであっさりと決めるヒトも多いですね。
家賃が高くても見た目が良いとやっぱり入りやすい。

けどね、デザイナーズマンションにするということは
それだけコストも当然かかってくるので、
入居率が上がるのでリスクは減るけど、家主が受け取る
利回りも減るというカタチになってきます。

あと、デザイナーズマンションで不安な面として、
いまは流行っていて良くても、二十年後にも同じように
人気があるのか?と言われると厳しいですよね。

もちろん、数年しか入居予定が無いヒトたちにとっては、
それでも全然OKだと思いますけど、家主側としては
普通よりもリスクは高くなります。

ウチは不動産仲介業者なので、別にそういったリスクは無いから、
デザイナーズマンションは、ただお客さんが
入りやすい物件というだけですが・・・

あとよく聞く意見として、入居してみたのは良いけど、
ずっと住んでいると意外と飽きてしまうということもあります。
慣れてしまうんですよね。

自動車でも赤色とか派手な色は飽きやすいとよく言いますよね?
それと似たようなモンだと思います。

ずっと住むわけですからね。飽きてしまったら、
それはただの家賃の高い物件となるので入居時よりは
不満が募りやすくなるので注意が必要です。

edit

先月申し込みの多かった 人気の賃貸業者ベスト3!

1位、エイブル
40周年を迎えたエイブルは、名実共に賃貸仲介実績No.1の会社です。日本最大級の店舗数のエイブルが提供する不動産と賃貸住宅情報の検索サイトでは、文字通り掲載物件数も膨大なことから、もっとも自分にマッチした物件が見つかりやすいですね。 ・・・エイブルについて詳しくはコチラ
2位、いい部屋ネットの大東建託(ハウスコム)
ハウスコムは全国展開していないのですが、地域密着型の店舗展開をしていて、各地域でNo.1の物件保有数を目指しています。都心部を中心的に網羅するネットワークで、お部屋探しを強力にサポートしてくれます。 ・・・ハウスコムについて詳しくはコチラ
3位、CHINTAI
CHINTAIが持つ最大の強みは、日本全国のCRS端末からリアルタイムな空室情報が供給される「CHINTAIネット」による情報の鮮度です。日本最大級の賃貸不動産物件検索サイトの1つであるCHINTAIは、その豊富な物件数もさることながら、常に新しい情報が更新されているというのが良いですね。 ・・・CHINTAIについて詳しくはコチラ

cms agent template0035/0036 ver1.005