This page:賃貸アパート・賃貸マンションお部屋探しのコツQ&A TOP > お部屋探しのコツ > 家賃について > 季節や時期で賃貸の値段が変化

季節や時期で賃貸の値段が変化

桜

季節や時期によって、同じ物件の家賃が変化すると
いったことはありますか?

あります!よくあります!
たとえば賃貸業界で一番忙しいのが3月なんですけど、
その理由としては、新社会人が増えたり、転勤するヒトも
同時に多い時期だからです。

次に多いのが「秋」です。秋にも人事移動が多いんですよ。

中でもメインとなるのが3月末で、4月1日からの入居というのが
やっぱり普通に多いですよね。新入学が決まった地方から
出てきている学生さん、新社会人とかです。

しかし、その時期を少し外れた5月、6月となり、
学生さんが大勢入居しているアパートなんかになると、
ほったらかしにしておいたら最悪、次の年まで誰も入居しない
ということも普通にあるんですよ。

すると一年空くわけですよ。家賃5万とかだったら、
60万円の損害になるわけです。

それだったら家賃を一万円下げて、年間で12万円他より
安くなったとしても、そのままほったらかしにしているよりは
全然プラスになるわけですよ。

とにかくピークの時期を外すと圧倒的にお客さんが
少なくなるから、もうあの手この手でお客さんを動かそうと
するから、みんな必死ですよ(^^;

ただ、ひとつ覚えておいて欲しいのは、5月、6月というのは
もちろん例外もありますが、違う側面から見ると売れ残っている
物件とも言えるわけです。

何かがお客さんとかみ合っていないんでしょうね。
家賃と部屋の作りとかですか?

すごく良い物件が5月とかハンパな時期に空いてくる場合も
あるのですが、そういった物件はやっぱり5月とかでも
すぐに決まります。

だから大体どこでも3月に売れ残ると見直しをしますね。
もちろんそんなことを全く考えていない家主もいますが、
自分から言ってくる家主もいます。

ちょっと3千円下げてみてもらえますか?とかね。

そして時期ハズレだと、不動産仲介業者としても家主さんに
すごく値段の交渉がしやすいです。

ローンを組んで賃貸目的のアパートやマンションを建てて
いる家主は、空いている部屋がある間でも、ローンを支払い
続けていかなければいけないわけです。

背に腹は変えられないわけですよ(^^;

だから「敷金ナシでも良いですか?」とか「3000円安くしても
構いませんか?」と言っても、「OK」と言ってくれる
家主さんが増えます。

もちろん、これはどこでも当てはまるわけじゃなく、
その不動産仲介業者と家主との間に普段から信頼関係が
築けていること。

そして部屋を貸したい側と賃りたい側での需要と
供給の違いがあるので、「絶対にそうだ!」とは、
一概には言えないということを覚えておいてください。

以上のことから、時期によって条件は全く変わることは
普通に多いですよ。

先月申し込みの多かった 人気の賃貸業者ベスト3!

1位、エイブル
40周年を迎えたエイブルは、名実共に賃貸仲介実績No.1の会社です。日本最大級の店舗数のエイブルが提供する不動産と賃貸住宅情報の検索サイトでは、文字通り掲載物件数も膨大なことから、もっとも自分にマッチした物件が見つかりやすいですね。 ・・・エイブルについて詳しくはコチラ
2位、いい部屋ネットの大東建託(ハウスコム)
ハウスコムは全国展開していないのですが、地域密着型の店舗展開をしていて、各地域でNo.1の物件保有数を目指しています。都心部を中心的に網羅するネットワークで、お部屋探しを強力にサポートしてくれます。 ・・・ハウスコムについて詳しくはコチラ
3位、CHINTAI
CHINTAIが持つ最大の強みは、日本全国のCRS端末からリアルタイムな空室情報が供給される「CHINTAIネット」による情報の鮮度です。日本最大級の賃貸不動産物件検索サイトの1つであるCHINTAIは、その豊富な物件数もさることながら、常に新しい情報が更新されているというのが良いですね。 ・・・CHINTAIについて詳しくはコチラ

cms agent template0035/0036 ver1.001