This page:賃貸アパート・賃貸マンションお部屋探しのコツQ&A TOP > お部屋探しのコツ > お部屋探しのキホン

お部屋探しのキホン

お部屋探しの基本について話していきます。アパート、マンションの違いとは?大手業者と小さい業者の違いについても知りたい方多いですよね?そして未経験者のためのお部屋探しのコツについてもしっかりと解説。

アパートとマンションの違い

アパートのチェック

アパートとマンションの違いってなに?

自分の理論になるけど、鉄筋コンクリートを使っている
場合がマンションってカンジです。明確な区分は無いと思います。

二階建てだったら、大体アパートという呼び方をする。
まぁ、見た感じ明らかにマンションって雰囲気でわかりますよね?

わからないのは3階建てぐらいで、鉄骨で作られている
モノがマンションなのか?アパートなのか?ってことですが、
それはマンションということが多いですね。

ただ、詳しい線引きみたいなモノはありません。

たとえば、アパートの中でもコーポとかハイツとか
色々というけれど、自分でも違いがわかりません。

基本的には貰った資料を見たら、アパートかマンションか
書いてあるのでそんなに気にしたことが無いというのも
ありますが、やっぱりひとつの区分としては
鉄筋コンクリートを使っているかどうかで決めている
部分がありますね。

コンクリートだと強度が高いから、高い階数を建てるために
使うわけだから、二階建てで鉄筋コンクリートを使う
ことなんてなかなかありませんからね。

二階建てだと全部が木造というわけですか?

いや、全部が木造というわけじゃないけど、
軽量鉄骨とか普通の鉄骨とか木造とかで作られている
ことがほとんどです。

耐震性、機密性も強くて、強度も強いけど値段も高いから
二階建てとかではあまり使われない。

たまにデザイナーズマンションとかで、鉄筋コンクリートが
使われる場合もあるけど、やっぱりほとんど無いですね。

まぁ、中には資料を貰って「アパートじゃない!」って
モノもマンションという名前もついていることが
ありますけどね(笑)

そういった場合は仕方が無いからマンションとそのまま
お客さんには説明しているけど、基本的なワタシ個人の
線引きとしては、やっぱり鉄筋コンクリートを
使っているかどうかですね。

貸家と借家の違いとは?

一軒屋とかで「貸家」とか「借家」とか色々と呼び方が
あるけれど、違いはさほどありません。

ただ、一般的に呼ばれるのが多いので見ていくと、
3LDKとかでよくだだっ広いカンジの家が借家と呼ばれる
ことが多いです。

平屋の母屋みたいなカンジの場所が呼ばれていますね。

確実な違いがあるのは「テラスハウス」です。

別名メゾネットとか呼ばれている一階、二階とかの
住居のことを呼びますね。

それは確実の違いがありますね。

大手業者、小さい業者の違い

不動産仲介業者

不動産仲介業者って、大小含めると数え切れないほど
あると思うのですが、その中でもCMなどで有名な大手業者と
小さい業者それぞれのメリット、デメリットはありますか?

大手で言うと、アパマン、エイブル、ニッショー、ミニミニなど
この4社は4ブランドとも呼ばれている大手となります。
全国CMも打っていますからね。

けど、たとえば小さい県のエイブルとか全て株式会社エイブルが
運営しているわけじゃなく、全部FC店。フランチャイズですね。
もちろん中にはFC店じゃなく直営店のモノもあります。

直営店ならともかく、フランチャイズのところは
みんなその地方ごとの業者が運営しているから地域密着型の
業者と物件に関しては大きな差は全くありません。

ただ、学校への入学や仕事の都合で遠くから来たヒトは
そんな違いなんてまるでわからないから、やっぱり大手でCMも
バンバン流しているところのほうが安心して
部屋探しの依頼ができます。

フランチャイズとなればやっぱり、ノウハウ的な
部分も決まっているんですかね?

大手であればそうでしょうね。ある程度決まっていると思います。
ガイドラインも決まっています。

以上のことから大手不動産仲介業者のメリットは
「お客さんが安心して申し込める」という部分であり、
業者側のメリットとしては、全国から幅広くお客さんを
集めることが出来るということですね。

そしてデメリットとしては、自分のところで何か問題が無くても
どこかのフランチャイズ店、もしくは本部が何か悪いことをすると、
自分のトコロまで大きな影響を受けることです。

何も悪いことをしていないのに同じ会社と思われているから
同じだけイメージも悪くなる。

あと、制約も多いですよね。ガイドラインから離れたことを
することが出来なかったり、ロイヤリティーを支払わないと
いけないというデメリットもあります。

逆にその会社だけでやっている業者であれば、
自分がやりたいことも出来るので、良いアイデアが出ると
すぐ実行に移すことも出来るます。

ロイヤリティーも払わなくて良いので、利幅も大きいので、
やりやすいですしね。

そして地域密着型の最大のメリットとしては、
どれだけ前から根強くやってきているか?ってことですね。
そういう面での強みが大きいし、お客さんにより最適な物件を
提示することも出来ます。

良いお部屋探しサイト

お部屋探しホームページを見る

料金などAの不動産屋のサイトは良いけど、
Bの不動産はイマイチといった違いとかは業者ごとにサイトの
使い勝手の差はありますか?それともどこも似たようなモンですか?

そんなことは無いですね。
たとえば、ホームページとかを見ていくと、
ミニミニさんのサイトとかはすごく良いと思います。

他の大手不動産業者と比較しても、ホームページの使い勝手が
良い悪いはカナリありますね。

たとえば内装とかがイマイチ載ってなかったり、
まどりも掲載されていなかったりとか。。。

で、その中でもミニミニさんと、あとアパマンさんは
かなり見やすいですね。お客さんにとって知りたい情報が
ちゃんと載っているカンジです。

ウチもホームページを運営しているので、すごくよくわかります。

あとミニミニさんのホームページが優れている理由として、
「条件がしぼりやすい」というのがあります。
たとえば家賃であったり、ペットOKなのか?という
チェック項目がかなり多いんですよ。

面倒くさいといえば面倒くさいのですが、お客さんにとっては
より自分にピッタリなサイトの絞込みが出来るという
ことになります。

これは実際に大手不動産会社のホームページを見ながら
比べてもらうとわかりますよ。

もちろん、まだそこまで細かい希望が無いヒトは、
ムリにチェックする必要も無いですしね。

そしてミニミニさんのホームページがもっとも良い点ですが、
「更新頻度が高い」んですよ。

ヒドイところだと、半年以上もほったらかしの
ところとかも多いですからね。。。

お客さんにとっては、新しい情報じゃないと、
役に立ちませんから。

それをおもいっきり注意された大手業者もありますが(^^;

お部屋探し未経験者にアドバイス

部屋

これから初めて部屋を借りることに
不安を感じているヒトへオススメの情報や参考になる話が
載っている本やホームページはありますか?

うーん、無いですね。もしくは知りません(笑)
本などよりも重要なのはやっぱり「営業マン」だと思います。
良い営業マンに当たるかどうかですね。
結局はヒトですよ。重要なのは。

だって、物件が良かったら誰が行っても不満は無い。
良い家は誰が見ても良い家なんです。

けど、実際の話、100人中100人が満足するような物件は
ほとんどありません。

その中でもお客さんが不安や不満を取り除いてあげることが
出来る営業マンに当たるかどうかですね。
お客さんも理解したうえで住むことができるので、
安心できるわけです。

そういった情報をキチンと言ってくれるということも
重要ですしね。住んでみてから「こんなはずじゃなかった!」と
泣いてからでは遅いですから(^^;

edit

先月申し込みの多かった 人気の賃貸業者ベスト3!

1位、エイブル
40周年を迎えたエイブルは、名実共に賃貸仲介実績No.1の会社です。日本最大級の店舗数のエイブルが提供する不動産と賃貸住宅情報の検索サイトでは、文字通り掲載物件数も膨大なことから、もっとも自分にマッチした物件が見つかりやすいですね。 ・・・エイブルについて詳しくはコチラ
2位、いい部屋ネットの大東建託(ハウスコム)
ハウスコムは全国展開していないのですが、地域密着型の店舗展開をしていて、各地域でNo.1の物件保有数を目指しています。都心部を中心的に網羅するネットワークで、お部屋探しを強力にサポートしてくれます。 ・・・ハウスコムについて詳しくはコチラ
3位、CHINTAI
CHINTAIが持つ最大の強みは、日本全国のCRS端末からリアルタイムな空室情報が供給される「CHINTAIネット」による情報の鮮度です。日本最大級の賃貸不動産物件検索サイトの1つであるCHINTAIは、その豊富な物件数もさることながら、常に新しい情報が更新されているというのが良いですね。 ・・・CHINTAIについて詳しくはコチラ

cms agent template0035/0036 ver1.005