This page:賃貸アパート・賃貸マンションお部屋探しのコツQ&A TOP > お部屋探しのコツ > 相談・契約時の注意点 > 書類手続きのチェックポイント

書類手続きのチェックポイント

書類

部屋をかりるとき、契約に関する書類をいくつか
書くと思うのですが、そこで注意しなくてはいけない
チェックポイントを教えてください。

退去時の敷金がどうなっているのか?
リフォーム代はどうなるのか?・・・など細かくあげると
いっぱいあります。

その中でも気をつけて欲しいのは契約更新に関する
内容ですね。

期間を定めない契約ってのは基本的に出来ないモノ
ですから、いちおう二年ってのが一般です。
「ずっと」とは契約書には書けませんからね。

そのとき、契約更新日に契約更新料がある物件と
無い物件がある。必要な場合は、そのときムダな出費が
かかってくるわけです。

大阪とか京都だったらこの更新料が家賃二ヶ月といった
こともあります。6万円の家賃だとその場合、プラスで12万円も
必要になるわけです。

おっと!大阪と京都の物件が全てそうというわけじゃ
ないですよ。そういうところもあるというだけです。

ちなみに更新料の中には、別に家賃二ヶ月とかじゃなくて、
一万円だけってこともありますからね。

だからもっとも見落としやすい更新時のチェックと、
あとは家賃の口座引き落とし時の手数料です。

裏話になるのかもしれませんが、高いトコロだと
500円とか取っているところもありますからね。
さすがに高すぎですよね?

ネットバンクを使って振り込んだほうが安い。。。

先月申し込みの多かった 人気の賃貸業者ベスト3!

1位、エイブル
40周年を迎えたエイブルは、名実共に賃貸仲介実績No.1の会社です。日本最大級の店舗数のエイブルが提供する不動産と賃貸住宅情報の検索サイトでは、文字通り掲載物件数も膨大なことから、もっとも自分にマッチした物件が見つかりやすいですね。 ・・・エイブルについて詳しくはコチラ
2位、いい部屋ネットの大東建託(ハウスコム)
ハウスコムは全国展開していないのですが、地域密着型の店舗展開をしていて、各地域でNo.1の物件保有数を目指しています。都心部を中心的に網羅するネットワークで、お部屋探しを強力にサポートしてくれます。 ・・・ハウスコムについて詳しくはコチラ
3位、CHINTAI
CHINTAIが持つ最大の強みは、日本全国のCRS端末からリアルタイムな空室情報が供給される「CHINTAIネット」による情報の鮮度です。日本最大級の賃貸不動産物件検索サイトの1つであるCHINTAIは、その豊富な物件数もさることながら、常に新しい情報が更新されているというのが良いですね。 ・・・CHINTAIについて詳しくはコチラ

cms agent template0035/0036 ver1.001