This page:賃貸アパート・賃貸マンションお部屋探しのコツQ&A TOP > お部屋探しのコツ > 相談・契約時の注意点 > お部屋探し相談のタイミング

お部屋探し相談のタイミング

相談

部屋をかりようと考えるうえで、どれぐらい前の
期間から探しに来てもらったり、相談してもらったら
ベストなんでしょうか?

募集ってのは、部屋が空く一ヶ月前からスタートとなる。
それが店頭に並び、その間に申し込みがあった場合、
一ヶ月を超えていまの住人が退去してから入れるようになります。

けど、いま住んでいる住人が出ていってから
実際に部屋を見てみると、部屋の住み方、使い方が悪くて、
ボロボロになっていることもありますね。

そういった場合は、修理、修繕するのに一週間から
二週間ぐらいかかることになります。

だから申し込みから一ヶ月半かかることになるので、
一ヵ月半前がベストですね。

たとえば、ここではわかりやすく1月1日に住もうとしている
ヒトがいるとしますね。

このヒトが部屋を選ぶのには一ヵ月半前の11月15日ぐらいが
ベストというカタチになります。

それ以上前になると早すぎになり、まだ店頭に物件が
並んでいない状態なので意味が無い。

逆に12月10日とかだとちょっと遅いぐらいです。
一ヵ月半前から出始めた物件の数が
どんどん減っているわけですから。

たまに学生さんだと4年間も入ってもらえるから、
3ヶ月前からの予約も許してもらえることもあるけど、
それはホントに稀なケースで普通は無い。

だから結論として一ヶ月半から二ヶ月前から探すのが
ベストとなります。

ただし欠点として、空き予定の物件なので、いまはまだ
ヒトが住んでいるから現地に見に行けないというのが
ありますけどね。

不動産仲介業者へお部屋探しの相談をしにいくうえで、
オススメの曜日や時間帯ってありますか?

平日のほうがのんびりしているので話はしやすいです。
土日祝日はやっぱりそれなりに混みますよね。

客ってやっぱり休みに集中するから、
土日だとゆっくり話せないケースのほうが多いです。

先月申し込みの多かった 人気の賃貸業者ベスト3!

1位、エイブル
40周年を迎えたエイブルは、名実共に賃貸仲介実績No.1の会社です。日本最大級の店舗数のエイブルが提供する不動産と賃貸住宅情報の検索サイトでは、文字通り掲載物件数も膨大なことから、もっとも自分にマッチした物件が見つかりやすいですね。 ・・・エイブルについて詳しくはコチラ
2位、いい部屋ネットの大東建託(ハウスコム)
ハウスコムは全国展開していないのですが、地域密着型の店舗展開をしていて、各地域でNo.1の物件保有数を目指しています。都心部を中心的に網羅するネットワークで、お部屋探しを強力にサポートしてくれます。 ・・・ハウスコムについて詳しくはコチラ
3位、CHINTAI
CHINTAIが持つ最大の強みは、日本全国のCRS端末からリアルタイムな空室情報が供給される「CHINTAIネット」による情報の鮮度です。日本最大級の賃貸不動産物件検索サイトの1つであるCHINTAIは、その豊富な物件数もさることながら、常に新しい情報が更新されているというのが良いですね。 ・・・CHINTAIについて詳しくはコチラ

cms agent template0035/0036 ver1.001