This page:賃貸アパート・賃貸マンションお部屋探しのコツQ&A TOP > お部屋探しのコツ > 相談・契約時の注意点

相談・契約時の注意点

お部屋探しを考えたとき、どれぐらい前から賃貸業者へ相談しにいけばよいのか?連帯保証人は必ず必要なのか?部屋を借りてからどれぐらい前までキャンセルは可能か?といったもっともよく聞く疑問点を解消していきます。

お部屋探し相談のタイミング

相談

部屋をかりようと考えるうえで、どれぐらい前の
期間から探しに来てもらったり、相談してもらったら
ベストなんでしょうか?

募集ってのは、部屋が空く一ヶ月前からスタートとなる。
それが店頭に並び、その間に申し込みがあった場合、
一ヶ月を超えていまの住人が退去してから入れるようになります。

けど、いま住んでいる住人が出ていってから
実際に部屋を見てみると、部屋の住み方、使い方が悪くて、
ボロボロになっていることもありますね。

そういった場合は、修理、修繕するのに一週間から
二週間ぐらいかかることになります。

だから申し込みから一ヶ月半かかることになるので、
一ヵ月半前がベストですね。

たとえば、ここではわかりやすく1月1日に住もうとしている
ヒトがいるとしますね。

このヒトが部屋を選ぶのには一ヵ月半前の11月15日ぐらいが
ベストというカタチになります。

それ以上前になると早すぎになり、まだ店頭に物件が
並んでいない状態なので意味が無い。

逆に12月10日とかだとちょっと遅いぐらいです。
一ヵ月半前から出始めた物件の数が
どんどん減っているわけですから。

たまに学生さんだと4年間も入ってもらえるから、
3ヶ月前からの予約も許してもらえることもあるけど、
それはホントに稀なケースで普通は無い。

だから結論として一ヶ月半から二ヶ月前から探すのが
ベストとなります。

ただし欠点として、空き予定の物件なので、いまはまだ
ヒトが住んでいるから現地に見に行けないというのが
ありますけどね。

不動産仲介業者へお部屋探しの相談をしにいくうえで、
オススメの曜日や時間帯ってありますか?

平日のほうがのんびりしているので話はしやすいです。
土日祝日はやっぱりそれなりに混みますよね。

客ってやっぱり休みに集中するから、
土日だとゆっくり話せないケースのほうが多いです。

書類手続きのチェックポイント

書類

部屋をかりるとき、契約に関する書類をいくつか
書くと思うのですが、そこで注意しなくてはいけない
チェックポイントを教えてください。

退去時の敷金がどうなっているのか?
リフォーム代はどうなるのか?・・・など細かくあげると
いっぱいあります。

その中でも気をつけて欲しいのは契約更新に関する
内容ですね。

期間を定めない契約ってのは基本的に出来ないモノ
ですから、いちおう二年ってのが一般です。
「ずっと」とは契約書には書けませんからね。

そのとき、契約更新日に契約更新料がある物件と
無い物件がある。必要な場合は、そのときムダな出費が
かかってくるわけです。

大阪とか京都だったらこの更新料が家賃二ヶ月といった
こともあります。6万円の家賃だとその場合、プラスで12万円も
必要になるわけです。

おっと!大阪と京都の物件が全てそうというわけじゃ
ないですよ。そういうところもあるというだけです。

ちなみに更新料の中には、別に家賃二ヶ月とかじゃなくて、
一万円だけってこともありますからね。

だからもっとも見落としやすい更新時のチェックと、
あとは家賃の口座引き落とし時の手数料です。

裏話になるのかもしれませんが、高いトコロだと
500円とか取っているところもありますからね。
さすがに高すぎですよね?

ネットバンクを使って振り込んだほうが安い。。。

連帯保証人は絶対に必要?

連帯保証人

連帯保証人は部屋をかりるうえで絶対に必要に
なるんでしょうか?無くてもかりることは出来ますか?

保証会社があったら別に必要ないです。
それでも付けろというトコロもありますね。

ただ、保証会社でも絶対に必要なモノがあります。
それは「緊急連絡先」になります。

家賃は保証会社が保障してくれても、もしそこに
入居している人間が突然、死んでいたらどうしますか?
えらいブルーなたとえで申し訳ないですが、
一番わかりやすいので(^^;

もしそうなった場合、誰に死体を引き取ってもらえば
良いのかわかりませんよね?

保障会社は家賃までは支払えるけど、
死体まで引き取れないわけですよ。

だから絶対に緊急連絡先が必要となります。
身内が保証人になってくれなくても必要ですね。

そこに両親の緊急連絡先を書き込んだとしても
普段は別に連絡することは無いので大丈夫です。
友人だと確認の連絡が行きます。

賃貸は自分で家を建てるのと違い、担保となるものが
ないわけです。

たとえば自分で家を建てるときに銀行がお金を
借して支払い能力が無くなったとしても、
最悪の場合、土地と家を取ればいいだけの話です。

けど、賃貸は担保も無い状態だから、
家賃を滞納されたらどこも取る場所が無かったりする。
だから連帯保証人が必要となるわけです。

ひとり家主さんが言っていたことで思い出に残った
言葉があるんですけど、そのひとは保証会社とか関係なく
親を連帯保証人に出来なかったヒトを一切入れない。

なぜですか?って聞いたら・・・

「自分の親さえ納得させられない人間が、
共同住宅で周りと一緒に暮らしていけるわけがない!」

とのことです。すごく説得力ありましたね(^^

入居前審査、どんな内容?

審査

入居前に審査とかありますか?その内容は?

ありますよ。連帯保証人の内容とかですね。
連帯保証人の印鑑証明も必要となります。
本人しか持ってこれないので実印の代わりになるわけです。

もし本人以外の人間がとりにいくとしても、
委任状が必要となりますからね。

あとはちゃんと勤めているのか?収入があるのか?
というのを確認するために社会保険証を見せてもらったり、
自営業であれば確定申告に出した書類を
見せてもらったりしますね。

あとは免許書のコピーをオーナーに渡したり、
契約日には住民票が必要となりますね。

細かいトコロだと中には連帯保証人の住民票も出してくれと
言ってくるトコロもありますね。

カード会社に集金代行を頼んでいるところは
そこのカード会社の審査に通ることが条件となります。
カードがブラックだったりすると
その物件は入ることができません。。。

だからブラックのヒトは最初に言ってもらったほうが
ありがたいです。

こちらとしてもムダが省けるし、後から分かって困るのは
お互い様ですからね。

キャンセルはいつまでOK?

キャンセル

入居予定だったが、突如入ることが出来なくなった。
こんな場合、キャンセル料は取られるのでしょうか?
いつまでキャンセルは可能なのでしょうか?

アパートを賃りるとなったとき、契約を結ぶ前に
重要事項説明をしてもらいます。

これは事前に必ず伝えておかなければいけない重要事項
のことを指します。名前のとおりですね。

たとえばこの物件は抵当権があるとか、
ここは中部電力でプロパンガスなど、
ペットは飼ったらダメとか・・・

その中の項目で・・・

口頭になるけど契約は成立しています。
入居までにキャンセルになった場合、キャンセルというものは
できません。

もし、入居までに契約をやめたい場合は、
キャンセルじゃなくて「解約」とみなしますよ。

・・・と説明しています。

この時点で、民法上では契約が成立しているんですが、
それをハッキリさせるために契約書を書きます。

だから契約書を書いた後にやっぱり入居を取りやめると
なったら、これはキャンセルじゃなくて解約ということに
なるんですよね。

だから一か月分の家賃と仲介も終わっているわけだから
仲介手数料も戻ってこないです。

でも、敷金は部屋も汚れていないし住んでも居ないから
全部返ってきます。

礼金はお礼金であり、契約は成立しているから
返ることは無いです。

ホント、普通に契約の解除となるわけです。
キャンセルにはなりません。

ゴネまくると、たまにどうにかなる場合もあります。
まぁこれも家主次第ですけどね。。。

家賃の値切りは可能?

家賃

家賃の値切り交渉は可能ですか?

可能です。言うだけタダです(笑)
敷金も値切ったりとか言わなきゃ損ですね。

ただ・・・メチャクチャなのはムリですよ。

千円、2千円ぐらいなら可能ですが、家賃5万の物件に
1万円まけろとかそれはムチャです。

言うだけタダだから言ってみたらいいってカンジですね。
家主の状況によって確率は全然かわります。

家主がローンの支払いとかで金銭的に苦しんでいたら
なかなかまけてくれないし、逆にお金に余裕があり、
本人の機嫌も良かったらアッサリまけてくれることも
普通によくあります。

こういうことは、仲介業者の人間は良く知っているので、
いけそうかどうかは担当者に聞いて、いけそうと言われたら
言ってもらったほうが良いです。

ムリと言われたらムリだと諦めましょう。

そこでコッソリ教えちゃいますが、
かなり高確率でまけてもらえる方法があります(^^

それは「この値段にしたら決める」とあらかじめ
言っておくわけですよ。

この発言のチカラは強いですよね。

けどね、実際には、ほとんどのヒトが「ためしに聞いてくれ」とか
だけなんですよ。これでは交渉になりません。
相手にとってのメリットがゼロなんです。

その値段だから決めると言っておくと、
家賃をまけること自体が相手にとっての大きな
メリットになるわけです。

ワタシとしても、そうじゃないと家主に対して
強くおせないですからね。まずムリです。

あ、あと家賃がまかるかまからないかは時期によっても
大きく変わってきます。

3月とかだと、ほっといてもヒトが集まる時期だからまずムリ。
イヤなら入らなくていいよってカンジで、
あっさり断られて終了です(苦笑)

その時期は引く手あまたの状態ですからね。。。

入居当日にやらなきゃいけない

入居

入居当日にやらなくてはいけないことは何がありますか?

単身赴任だと何もやらなくていいですよ。
隣に蕎麦持っていったり、家主に何かを持っていったり
とかですね。

いま、ほとんどの家主が代行業者に任せて
通帳を眺めているだけの世界なので、
アパートのことなんて全然知らないですからね〜。

もちろん昔から賃しており、家主さん自体がしっかりと
アパート運営してきているなら別ですが。。。

家族で入居となればやっておいたほうがいいですね。

学校や子供の付き合いとか、自治会の付き合いなど
色々とあるので、引越し蕎麦を持って、
挨拶にいっても良いかもしれません。

けど、最近ではそういった習慣自体をやらないヒトも
増えてきていますね。

あと入居前にやることといえば、
電気、水道を通しておく必要がありますね。
ガスの開通なんかは立会いが必要となるので
入居日に頼むことになります。

事前にガスだけ設置を頼むのがムリな理由はどうしてでしょう?

立会いが必要な理由はカンタン、ガスは危険だからです。

だから引越し前にガスだけは引越し当日に来て
もらうように頼んでおかないと困ります。

料理で火を使えないだけじゃなくてシャワーやお風呂にも
入ることが出来ませんからね。

まぁ、大体前もって業者さんが言ってくれますよ。

あと部屋とかに元々ついているキズが気になるヒトは
入ったときに写真とか撮っておいても良いです。

あとからワタシがつけたわけじゃないって
言いきることが出来ますからね。
当然、その写真画像には日付が入っていることが
条件となります。

荷物入ってからではわかりませんからね。。。

それを証拠として提出したら相手も何も言えません。

退去時にやらなきゃいけない

退去

部屋から出る退去時にやらなくてはいけないことって
何がありますか?

まずはライフラインを止めることですね。
電気、ガス、水道を止めること。

あとは立会いがあるので、部屋を見せてお互いに話し合う
必要があります。これとこれとこれは過失なんで、
敷金から引かせてもらうってカンジですか。

鍵を返して終りってわけじゃないので注意が必要です。
だからこのとき証拠の写真があると強いですね。

中にはイチャモンのようにカベがタバコで黄色くなったから
張り替えるとか言われたりするのですが、タバコ吸った
記憶も無いってこともありますからね。

そんなときに写真とかデジカメでも残しておくと
強いわけです。

キズとかも入る前からついていたのに、自分がつけた
とか言われたら、そのときも写真を見せればいい。
だから入居時にいろんな場所を撮影しておくと退去時に
強く出ることが出来ますよ。

まぁ、不動産仲介業者としては困りますが(笑)

他は当たり前となりますが、電話や郵便の手続きとか
住所の移動とかがしっかり終了しているのか?って
ことですね。

部屋に幽霊が出たとクレーム

幽霊

部屋に住んでからこんなはずじゃなかった!という
クレームもあると思うのですが、その中で面白かった
モノとか実体験でありますか?

幽霊ですね。幽霊が出たから部屋をかえてくれっ!
って言われたことです。

ワタシはもう10年以上働いていますが、幽霊出たって
言われたのは正直はじめてでした。
テレビとかではよく見るんですけどね。

これね・・・どうしようも無いッスよ(^^;

だってコチラには見えないモノですから、
どう対応すれば良いのかわからないんですよね。

別にそこでヒトが死んだことも無いでし、
もしそういった事実があったらコチラも事前に
ちゃんと報告をしているはずですしね。

結局、対応としては、霊が見えるというヒトを呼んで、
そのヒトから「居ないよ」と言われたら、
「ああ、そうなんだ」って納得していましたが(^^;

そ、そんな軽いんですか?(^^;

いや、自分の家族が見たみたいで、そこのお父さんが
電話してきた。だからそのお父さんも居ないって
いったらアッサリそうなんだって終わったわけです。

家主が勝手に部屋入った

家主

これは困ったという体験談を聞かせてください

これはホント困った話なんですが、家主が勝手に
部屋入ったことがありました。鍵は持っていますからね。

まだ引越し前だったということもあり、
勝手に入ったんですよ。

本当は入ったらダメなんですよね。もう契約書を
交わした時点でそのヒトのモノですから。

それで3回ぐらい勝手に入ったモノだからお客さんが
ブチ切れて「契約解除だ!」って騒ぎまして。

勝手に入ったって、何もモノ置いてあるわけじゃ
無いのに何しに入ったんですか?

その家主が大工さんで、部屋の気になる部分を見つけた
らしくて、どうも直したかったらしいんですよ。
まだ住んでないから気持ちよく住んでもらおうとして、
良かれと思って直していたんですよ。

ベランダ直したりとかですね。

そんなとき、今度その部屋に住む予定だったヒトが
引越し荷物をちょこちょこと持ってきているとき、
部屋に入ったら灰皿が置いてあったりするんですよ。

あと、知らない工具とか。。。

お客さんとしては「おいおい、こんなの入る前に
やっとけよ!」ってカンジなんですが、家主としては
自分の家で愛着もあるのと、家主だから入って当たり前
みたいな古い考えがあるんですよ。

いまは法律的にもムリなのに。。。

昔のドラマみたいに家主が部屋に入ってきて、
布団を剥ぎ取るようなことは無いですよ。
というかダメですよ(苦笑)

隣のアパートの住人がウルサイ!

隣人

これは困ったという体験談を聞かせてください

困った話のひとつなんですが、外国人とのトラブルで
ちょっと変わった展開のときがありました。

日本人と外国人が一緒のアパートやマンションに
住んでいると、トラブルもたしかにあります。
やはり文化の違いがありますからね。

特に多いのが、他のトコロでも話していますが、
「ゴミの分別」に関する問題です。

日本語が読めない外国人の方がゴミの分別をひとまとめに
してしまうというケースですね。

そして同じぐらい多いのが活動時間です。
夜にパーティをする文化とか、日本ではあまり無いのですが、
国によっては毎晩パーティをしたり、
騒ぐのが大好きなヒトも居るんですよ。

それでクレームが出たときは大家さんや仲介業者が
問題解決するために色々と手をつくすわけですが、
それが「隣のアパートの住人がうるさい!」ということで
どうにもならないときがありました(^^;

「毎晩うるさいからなんとかしてくれっ!!」って
言われても隣のアパートだし、ワタシの会社が受け持っている
物件でも無いんですよね。

いちおう、かけあってみたんですが、先に住んでいたのが
そのアパートのほうらしいので、余計にこじれる
展開になりました。。。

結局、ガマンできずにその住人の方が出ていくことに
なったのですが、これはホント参りましたよ(^^;

edit

先月申し込みの多かった 人気の賃貸業者ベスト3!

1位、エイブル
40周年を迎えたエイブルは、名実共に賃貸仲介実績No.1の会社です。日本最大級の店舗数のエイブルが提供する不動産と賃貸住宅情報の検索サイトでは、文字通り掲載物件数も膨大なことから、もっとも自分にマッチした物件が見つかりやすいですね。 ・・・エイブルについて詳しくはコチラ
2位、いい部屋ネットの大東建託(ハウスコム)
ハウスコムは全国展開していないのですが、地域密着型の店舗展開をしていて、各地域でNo.1の物件保有数を目指しています。都心部を中心的に網羅するネットワークで、お部屋探しを強力にサポートしてくれます。 ・・・ハウスコムについて詳しくはコチラ
3位、CHINTAI
CHINTAIが持つ最大の強みは、日本全国のCRS端末からリアルタイムな空室情報が供給される「CHINTAIネット」による情報の鮮度です。日本最大級の賃貸不動産物件検索サイトの1つであるCHINTAIは、その豊富な物件数もさることながら、常に新しい情報が更新されているというのが良いですね。 ・・・CHINTAIについて詳しくはコチラ

cms agent template0035/0036 ver1.005